突然喪主になった!葬儀を仕切る際におさえるべき基本のポイント

ごく一部の例外をのぞき、身内の不幸はほとんどの人にとって突然のアクシデントとして降りかかります。身内の不幸となると喪主自身もかなり気分が動揺していますし、葬儀の正式な段取りも頭に入っていないためついついその場の流れにまかせてしまい、よけいなコストをかけてしまうことになりかねません。

身内に不幸があり、自分自身が喪主になった場合、真っ先に確認すべきなのは菩提寺のスケジュールです。普段から付き合いのある菩提寺があれば身内が亡くなった時点でただちにその旨を連絡し、葬儀および告別式にきてもらうためにちょうど良い都合を確認する必要があります。菩提寺がとくに決まっていない場合は、斎場や火葬場の空き状況を調べることが優先となります。

菩提寺などの目途がついたら、ゆかりのある人たちへお通夜と葬儀の日程について連絡を入れていきます。家族葬や密葬であれば、葬儀に呼ぶ人の範囲があらかじめ決められていますので、呼ぶことができない人たちに対してのフォローが必要となり、さらに葬儀社との打ち合わせが入ってくるためお葬式までの数日間は喪主自身と家族は非常に忙しく、時間に追われることになります。とくに地方都市では故人と地域の人々とのつながりが強いため、連絡ミスによって長年積み重ねてきたつながりを断ち切らないように注意する必要があります。