葬儀のスタイルについて家族で意見が食い違ったら?

葬儀は、亡くなった本人はもちろん、その家族にとってもきちんと別れを告げるための大切な儀式です。ところが、実際には、葬儀の段になって家族や親類縁者の間で意見や希望が食い違うことが多く、葬儀がきっかけで親類縁者との溝が深まる、というケースも少なくないようです。

意見の食い違いのうちよくあるパターンとしては費用についてのすれ違いが挙げられ、とくに、少しでもランクを高くしたい親類縁者とこぢんまりとした葬儀を希望する家族の間で意見がかみ合わないケースが多いようです。

費用以外では葬儀社選びの問題があり、故人が指定する業者と親類縁者がすすめる業者が異なる場合、どちらの業者に依頼すればいいのかわからなくなり、結局は親類縁者の意見が通ってしまう、ということになりかねません。このような場合、最終的には喪主の力が強く、喪主自身がいかに生前の本人とこまめにコミュニケーションをとり、死後の希望について正確にくみ取っているかが大切なポイントになります。故人の理想を最大限にかなえるためにも、いざ亡くなってからまわりがあわてるのではなく、生きているうちから本人と葬儀のプランについて話し合える空気をつくっておきましょう。